陰部のケアで注意すべき点とは記事一覧

陰部のケアで困ることといえば、しっかり洗って清潔を保たなければならないと同時に、ケアのしすぎも良くないという、非常にさじ加減が難しいということです。陰部の外側になる外陰部はひだ状になっており、中に尿道、膣、陰核、小陰唇といった、デリケートな部位が存在します。陰部の外部についてはぬるま湯等で流しながら指で汚れをしっかりと落としていく必要があります。タオル等は使わないようにしてください。陰部の皮膚は柔...

陰部の臭いが気になるという女性の方はかなり多いと思います。その臭いを外へ出さないように、ガードルや、スパッツなどの厚手のインナーを着用する方は結構多いです。ただ、その方法はかえって臭いを悪化させることとなってしまいます。臭いものに蓋をするなという諺がありますが、臭い物に蓋をすると、更に中で腐食が進み、状況が悪化し取り返しがつかなくなるという事を意味したものですが、それと全く理屈は同じとなります。陰...

現在、デリケートゾーン専用の化粧水、美容液、ボディソープが多く販売されています。以前に比べて、女性の美意識が高まっていることも大きな理由の一つです。デリケートゾーンの脱毛も現在臭いては大変人気が高いです。ひと昔前ではとても考えられない状況ともいえます。さて、デリケートゾーン用のボディケア用品ですが、場所が場所だけに低刺激性の無添加成分を謳っているものが多いです。あるいは天然由来成分といわれる、化学...

陰部の臭いの原因として、意外にもムダ毛の自己処理によるものが挙げられます。アンダーヘアの自己処理については、安全カミソリやピンセットを使用することが多いと思います。ただ、アンダーヘアは毛が硬くて太いため、沿ってしまうと、先端が綺麗な断面になり、伸びてきた時に、周りの皮膚を刺激しそれによって肌あれを引き起こしやすくなります。常にチクチクと刺激が加わる状態なので、かゆみも生じてしまいます。また、アンダ...

最近、ノーパン、Tバック、そして一部では女性用のふんどしというものがブームとなっています。一昔前ともなると、ノーパンやTバックとなると、どちらかといえば、アダルト系のイメージが強かったのですが、今は健康法の1つとして位置づけされている印象が強いです。1つ目の理由は、血行が良くなるということです。丁度、下着のゴムが太ももの付け根、いわゆるそけい部に位置し、そけい部の血行を悪くしてしまいます。ここの血...

陰部専用のケア用品でジャムウという植物性の成分を使用した製品があります。ジャムウはハーブの一種で、元はインドネシアから伝わったものです。臭いケアで有名になっていますが、本来薬草として使用されていました。そのため、防臭効果だけではなく、冷え性の解消や、皮膚の黒ずみを解消してくれる効果も備わっています。冷え性が解消されるため、新陳代謝が高まり、女性ホルモンのバランスを整えてくれたりします。また、生理前...