においの元になる成分とは記事一覧

陰部はワキと同じく、アポクリン汗腺という皮脂を多く含んだ汗腺が存在しています。更に、おりものや尿の出口も近いため、清潔を保つように気をつけなければなりません。アポクリン汗腺は汗腺の1つです。汗腺はもう1つあり、エクリン汗腺といいます。エクリン汗腺は、運動や熱い時に出る汗で、その成分は水と塩分です。無職透明で、毛穴から出たばかりの汗は無臭です。時間が経つと、いわゆる一般的な汗臭いといわれる臭いが発生...

皮膚表面には様々な雑菌が存在しています。雑菌とは言いますが、全ての雑菌が体に悪影響を及ぼすわけではありません。皮膚に残っている古い角質を分解し、洗顔や入浴時に汚れと一緒に綺麗に洗い流すことができます。また、細菌などの体に害を与えるような菌を殺菌してくれる役割を果たすものもあります。更に、摩擦などの外的な刺激から皮膚を守ってくれる役割も果たしてくれます。ただ、雑菌も数が増えると臭いが強くなることがあ...

運動や暑い時に出る汗は元々臭いはありません。ただ、汗をかいた状態のままで放置した場合は、いわゆる汗臭さという独特の臭いを発します。こまめに汗を拭きとることで、簡単に臭いを取り除くことができます。ただ、腕や顔など、外気にさらされているところは、汗が蒸発しやすく、臭いが残りにくいため、特に問題はありませんが、脇の下や陰部などは衣類や下着、体毛で隠れており、汗が蒸発しにくく、通気性も悪いため、臭いがこも...

デリケートゾーンの臭いの原因として、おりものがあります。おりものは卵巣から出てくる分泌液、子宮内部から出てくる分泌液、そして膣内から出てくる分泌液が混ざって、やや粘性を持った体液の一種です。膣内を潤滑してくれる作用があり、生殖行為をする際に、受精がしやすい状態にしてくれるものであります。また、おりものは体調によって色や臭いが変化し、おりものの状態を観察するだけで、性病などの病気を見つけることができ...

生理の時はどうしても陰部の臭いが強くなってしまいます。まず、ナプキンにより、通気性が非常に悪くなります。汗などの水分をはじめ、こもった空気が臭いの元となります。更にそれに輪をかけるように、生理の時の出血、いわば経血がナプキンに蓄積し、更に強烈な臭いを発します。経血は膣から出たばかりの状態は、普通の血液の臭いしかしませんが、時間が経つと、タンパク質が腐敗したような臭いに変化します。また経血は普通の血...

意外に陰部のケアというのは怠りやすいものです。陰部自体の構造も複雑で、ただ、軽く洗うだけでは十分にケアが出来ているとは言えません。また難しいのが、陰部については、ケアしすぎてもかえって臭いが強くなります。陰部は外陰部と内性器にわかれ、外陰部はひだのようになっており、内性器を隠している状態になっています。そのため、ただタオルなどでこするだけでは、ひだの内部までしっかりと汚れを落とすことができません。...